データベース構成

サーバーを始動する前に、.env*ファイル内のデータベース・リンクを構成する必要があります。

環境ごとにこのファイルを開きDATABASE_URL、データベースの更新を行います。

 

PostgreSQL

開発環境用のデータベース変数の設定:

# .env.development
DATABASE_URL="postgresql://username:password@localhost/bookshelf_development"

テスト環境用のデータベース変数の設定:

# .env.test
DATABASE_URL="postgresql://username:password@localhost/bookshelf_test"

 

データベースの設定

データベース変数の設定が完了したら、開発サーバーを起動する前にデータベースを作成し、移行を実行する必要があります。

端末に次のように入力します。

% bundle exec hanami db prepare

テスト環境データベースをセットアップするには、次のように入力します。

% HANAMI_ENV=test bundle exec hanami db prepare